弁護士紹介

伊藤 和子(いとう かずこ)

東京弁護士会所属(1994年弁護士登録)
国際人権NGO ヒューマンライツ・ナウ事務局長
 UN Women アジア太平洋地域アドバイザー
 日弁連両性の平等に関する委員会委員
 東京弁護士会 両性の平等に関する委員会委員
 日弁連国際人権問題委員会委員
 日弁連人権擁護委員会特別委嘱委員
ジェンダー法学会理事

伊藤和子弁護士の詳細プロフィール >>

弁護士登録以来、女性、子どもの権利、冤罪事件、環境訴訟などの人権に関わる国内外の事件に取り組んでまいりました。市民のみなさまの身近なパートナーとして、ひとつひとつの法的紛争に尽力してまいりますので、いつでもお気軽にご相談ください。    

講演のご依頼 >>

伊藤和子弁護士は各種講演をお引き受けしています。御連絡はミモザの森法律事務所宛お願いいたします。
伊藤和子

高橋 済(たかはし わたる)

神奈川県出身。
中央大学法学部、中央大学法科大学院卒。
2015年 東京弁護士会 弁護士登録(第67期)
  
所属団体
 東京弁護士会「外国人の権利委員会」委員
 日弁連・人権擁護委員会「難民特別部会」特別委嘱委員
 日弁連・刑事弁護委員会幹事
 LNF(外国人ローヤリングネットワーク)事務局
 全国難民弁護団連絡会議(全難連)世話人
 「ハマースミスの誓い」、移民政策学会会員
 国際人権法学会会員
 
執筆論文
・ 共著「外国につながる子どもたちの言語・教育と司法上の課題」
  ジャーナル「移動する子どもたち」
  −ことばの教育を創発する−(2016年第7号)
 
・ 「研究 我が国の出入国管理及び難民認定法の沿革に関する一考察」
  (中央ロー・ジャーナル(第12巻第4号)掲載)

活動報告
・ 東京弁護士会シンポジウム「シリア難民の現状と課題」
・ 岡山大学法学部・法学会講演会
  テーマ:「日本における外国人の収容及び退去強制手続の現状」
・ 第6回年少者日本語教育研究フォーラム
  主 催:「移動する子どもたち」研究会、早稲田こども日本語研究会
  テーマ:「外国につながる子ども達の言語・教育と法的問題」

 台東区・足立区など地域のみなさまのご家庭内の問題、離婚、相続などのトラブル、地元企業様など社内・社外における法令遵守、労働問題など色々なお悩みがあるかと思います。
 是非一度お電話又はメールでご相談のうえ、ご相談にいらしていただければと思います。
 

▲ページトップに戻る